防水工事|ビル・マンションは定期的なメンテナンスが必要です。京都で防水工事・外壁補修なら「株式会社LiB」へ。

Protect it.

品質を最大限に生かす技術力で、
建物の資産を守る。

防水工事

マンション・ビルの管理者様はぜひご相談ください

防水工事はコンクリート建物の大敵である「水」から守る工事です。マンションやビルなどのコンクリート建物の資産価値を維持し、長く安心して利用し続けることができるようにするためにも定期的な防水工事は欠かせません。
そのため、建設時に大規模修繕計画を立て、計画に従ってメンテナンスを行っていくことが必要になります。もっとも、実際に大規模修繕のタイミングが来ると、十分な修繕積立金が蓄積できていなかった場合や少しでもコストを抑えたいと安価にできる業者を選ぶケースは少なくありません。安価で引き受けて未熟な工事や手抜き工事が行われることは、避けなければなりません。

弊社では適正価格で建物をしっかり守る高品質な防水工事ができ、外壁補修にもきめ細やかに対応しますので、マンション、ビルの管理者様はぜひご相談ください。

各種防水工事に柔軟に対応

ウレタン防水

ウレタン防水は液状の防水塗料であるため、複雑な形状の場所やベランダや屋上など室外機や貯水タンクなどが設置された場所でも、スムーズに施工ができるのがメリットです。
施工期間も短く済み、つなぎ目のないシームレスで見た目も美しい防水層が形成できます。建物への負担も少なく、コスト面でも比較的抑えられるのが魅力の工法です。

FRP防水

FRP防水も液状の防水材を使うため、シームレスで美しい防水層の形成ができます。
繊維強化プラスチックが配合されているため、強靭で、耐候性や耐熱性にも優れており、ベランダなど歩行する場所はもちろん、車が走行する屋上駐車場や立体駐車場などの防水塗装に適しています。速乾性にも優れており、短工期での施工ができるのもメリットです。

防滑性シート

防滑性ビニル床シートは防水性能と滑りにくさ、デザイン性にも優れた防水材です。ビルやマンションの共用外廊下や非常階段、ベランダやバルコニーなどに採用されています。
凹凸のあるデザインで雨が当たって水に濡れても滑りにくいので、外廊下や階段などの人が歩行する場所におすすめです。デザインやカラーのバリエーションもあるので、イメージチェンジにも活用できます。

塩ビシート防水

塩ビシートは塩化ビニル樹脂を主成分にしたシート状の防水材です。
シート防水はつなぎ目が気になるところですが、シートのつなぎ目を熱風で溶かして一体化させる工法を採ることで、シームレスで美しい防水層を形成することも可能です。紫外線に強く、耐熱性もあり、鳥のついばみによる鳥害も起こりにくいなど、耐久性にも優れています。

アスファルト防水

防水専用のアスファルトを溶融して防水層を積層するので耐久性に優れており、日本では最も歴史を持つ工法です。
施工時に発生するアスファルト特有の臭いも、技術の進化により、トーチシートを用いることで、臭いや煙を抑えて施工できるようになっています。強靭で長期的に安定した防水性能を発揮できるので、ビルの屋上や立体駐車場などへの施工に適しています。

ゴムシート防水

ゴムシートは伸縮性や追従性があり、耐候性にも優れています。
シートのつなぎ目の劣化を防ぐために定期的なメンテナンスは必要ですが、その分、導入時のコストは比較的リーズナブルです。コストを抑えたいときや防水層が劣化したところを部分的に補修したいときなどにも使われています。目につかない場所など安価に防水施工したいときにもおすすめです。
Contact

無料見積りのご依頼・お問い合わせはこちら

080-1508-8068

営業時間 8:00~17:00/定休日 日曜日

ページの先頭へ